大野のまち紹介

からくり師大野弁吉の町

 

「大野弁吉屋敷跡」

「大野弁吉屋敷跡」

 

 

この大野で活躍した「日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ-とも、加賀の平賀源内ともいわれる大野弁吉」を簡単にご紹介します。

 野 弁 吉(おおのべんきち)(本名:中村屋弁吉) 

享和元年(1801)、京都の羽子細工師の家に生まれた。弁吉の少年期はあまり幸福ではなかったらしい。

 比叡山・延暦寺に勤めていた叔父・佐々木右門の養子になり、早くから四条派の絵を学び、彫刻に才能を現した。どのような経緯かはわからないが、20歳頃から長崎に行きオランダ人から蘭学(語学、医学、理化学、天文学、航海術など)を学び、対馬経由で、当時の技術先進国である朝鮮にまで渡っている。長崎でのオランダ人の師匠というのは、定かではないがシーボルトではないかという説もある。

30歳で妻の郷里である加賀・石川郡大野に移り住み、大野弁吉と呼ばれるようになった。

加賀の豪商・銭屋五兵衛と相当な親交があったが、どの程度の金銭的援助を受けたのかは定かではない。

弁吉は、からくり人形、エレキテル、写真機、発火器(今のライター)などを発明した。さらに木彫、竹・金・ガラス細工、蒔絵、陶芸、革製品、花火などの製作で多才。

また、西洋医学の医師としての薬の処方、鉱物、天文学に通じて地動説を唱えるなど、ジャンルを問わない非凡な人物であった。生涯清貧に甘んじ、破屋に住み、仕官より自由を、金儲けより究理発明を貫いた生活を送り、明治3年(1870)没。享年69歳。

石川県は弁吉の業績を記念して、「石川県金沢港大野からくり記念館」を建設し、観光スポットの一つとなっています。

メールアイコン お問い合わせ
メールフォーム

西暦2033年

創建1300年大祭

このたびの熊本・大分地方の地震災害により被災された皆様に心からお見舞いを申し上げ、早期の復旧・生活再建をご祈念申し上げます。

このページのトップへ