日吉神社について

参拝のご案内

 

honden

 大野は奈良時代より川湊として栄え、また江戸時代は北前船の拠点として栄えた金沢の港町であり、日本五大醤油産地の一つに数えられています。

 醤油蔵の町・大野は、古い町家建築形式が残っており、金沢市の伝統環境保存区域として、「こまちなみ保存区域」の名称で指定されています。

 当社は小高い山の上に鎮座し、境内は四季折々の美しい自然の彩が見られ、正面には白山連峰、背後には日本海・金沢港を一望できる好立地にあります。

 夏季例大祭の祭礼時をはじめ、四季を問わず、当社へのご参拝の折は、大野町を是非散策(こまちなみ探訪マップ参照)していただきたいと思います。 早朝にご参拝される時は、神社裏手の「金石・大野やすらぎの林」の遊歩道散策がおすすめです。鶯などのさえずりや雉等々の野鳥との出会いが楽しめます。そして運が良ければ、キツネやタヌキとも出会えます。また、夕暮れの時間帯では日本海の夕陽も大変素晴らしいです。 最後に、文化都市金沢市には伝統工芸や伝統芸能の美と芸術の文化、また新鮮豊富な素材に恵まれ、加賀料理をはじめとする百万石の食の文化があり、是非堪能していただきと思います。

 あなたも金沢市へお越しください。その折には少し足を延ばして市の最西端にあるこの古社・大野日吉神社にも是非ご参拝をお待ちしております。

「金石・大野やすらぎの林」遊歩道散策フォト

 

日吉神社リーフレット 北陸新幹線金沢開業にあわせて作成いたしました。是非ご利用ください。

 

 

 

心からお参りいただくために

一、神社にお参りするときは、まず入口の鳥居のところで衣服を整え、
  会釈をし、心をひき締めて、境内に入りましょう。

一、参拝の前には、「手水舎」の前に立ち、水盤に向い、
  「心身の清浄」のために「手水」の励行をしましょう。

一、お賽銭を奉納する意味は、自分の魂、すなわち身も心も祓い清め、
  正しい真心を神さまに捧げるしるしです。

一、参拝の作法は、真心をこめて行いましょう。

  1. 先ず浅く拝礼して鈴の緒を大きく振ります。
  2. 次にお賽銭を奉納し心を澄まします。
  3. そして二度深く拝礼します。
  4. 次に二度拍手をします。
  5. そしてもう一度深く拝礼します。

メールアイコン お問い合わせ
メールフォーム

西暦2033年

創建千三百年大祭

西日本豪雨に見舞われた皆さまへ

このたびの西日本豪雨で被災された多くの皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。一日も早く元の生活ができますよう、ご祈念申し上げます。

このページのトップへ